検索
  • yuuaihoumon21

6/30 熱中症の予防、対応について

おはようございます。熊本市北区の訪問看護ステーション優愛です。

6月も終わりですね。年々月日が経つのが速くなっている気がします。それにしても暑いですね。今日は朝から車の温度計が30度になっていました。今日は酷暑の予報です。皆様お気を付けください。

本日は前回からの続きで熱中症の予防、対応です。

 熱中症を予防するには、まず水分補給をすることです。また、炎天下や高温の部屋の中などに長い時間いないようにすることも大切です。たくさんの量を1回に飲むのではなく、適量を回数多く飲ませましょう。汗を多くかくときは、水やお茶だけでなくスポーツ飲料やイオン飲料も合わせて飲ませましょう。

●熱中症かなと思ったら

すぐに、涼しい場所に寝かせ、衣服をゆるめ、体温が下がるようにします。体温が下がり、意識があれば冷たい飲み物を飲ませましょう。 ●体温の下げ方 ・近くに冷房の効いた部屋があれば、そこに移動します。

・額、首、わきの下、ももの付け根などを冷たい水でぬらしたタオルで冷やします。

・タオルなどがなければ、洋服をぬらして体を冷やします。

・扇風機やうちわなどで風を送ります。

●飲み物の飲ませ方 ・冷たい飲み物を少しずつ、欲しがるだけ飲ませましょう。

・吐き気があるかどうかにも注意し、吐き気が強いときは無理に飲ませず医療機関を受診しましょう。

●救急車を呼ぶとき  体温が下がらず、意識が薄れてきたときは要注意です。とくに「体温が40度をこえている」「意識障害がある」「けいれんをおこしている」場合は、急いで救急車を呼びましょう。

●脱水症状のチェックポイント ・肌がカサカサして、ハリがなくなる。

・目がくぼんでいる。

・脈が速くなる。

・乳児の場合、大泉門がひっこむ。

・尿量が少なくなる。

・舌が乾く。

以上のような兆候がみられたら、すぐに医療機関を受診しましょう。

いかがだったでしょうか?今年は酷暑の予報です。梅雨明けも例年より早く暑さに慣れる前に気温が上がっています。熱中症には十分注意して過ごしましょう。

では今日もご安全に。行ってらっしゃい。

閲覧数:0回0件のコメント

最新記事

すべて表示