検索
  • yuuaihoumon21

7/13 糖尿病について

おはようございます。熊本市北区の訪問看護ステーション優愛です。

今日も暑いですね。最近のあいさつはこれになっています(笑)


今日は糖尿病についてです。


糖尿病は、インスリンが十分に働かないために、血液中を流れるブドウ糖という糖(血糖)が増えてしまう病気です。インスリンは膵臓から出るホルモンであり、血糖を一定の範囲におさめる働きを担っています。

血糖の濃度(血糖値)が何年間も高いままで放置されると、血管が傷つき、将来的に心臓病や、失明、腎不全、足の切断といった、より重い病気(糖尿病の慢性合併症)につながります。また、著しく高い血糖は、それだけで昏睡(こんすい)などをおこすことがあります(糖尿病の急性合併症)。

糖尿病の症状

症状がなく糖尿病になっていることに気がついていない方も多くいます。糖尿病では、かなり血糖値が高くなければ症状が現れません。

高血糖における症状は、

  • 喉が渇く、水をよく飲む

  • 尿の回数が増える

  • 体重が減る

  • 疲れやすくなる

などです。

さらに血糖値が高くなると、

  • 意識障害

に至ることもあります。

症状がまったくないまま健診などで糖尿病が判明する方もいれば、急に高血糖の症状が現れて糖尿病が判明する方もいます。また、眼や腎臓の合併症の症状が現れて、初めて糖尿病と診断される方もいます。

ですので定期的な検診を受けましょう。


では本日もご安全に。行ってらっしゃい。


閲覧数:3回0件のコメント

最新記事

すべて表示